×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

治療用のセメントを練るときには

歯型をとる

エステ 二の腕ダイエット 育毛剤 ポリピュア 美顔器 激安 家庭用 脱毛機 口コミ 顔筋マッサージ 美顔器 女性用 育毛剤 脱毛器 ムダ毛処理 保湿 美顔器 美顔器 お風呂 水 サーバー無料 大阪市

歯科助手の仕事としては、歯型をとるというものもあります。 歯科医院に虫歯の治療に行って、ピンク色の粘土のようなものを口の中に入れられたことがありますよね? これが、歯科助手の仕事の一つなのです。 歯科助手が歯型をとることを、専門用語で印象をとるといっています。 英語でImpression(インプレッション)というため、インプと呼ぶ歯科医院もあるでしょう。 さらに、ピンク色の粘土のようなものは、印象材と呼ばれています。 印象材を作るには粉に水を混ぜて練らなくてはいけません。 歯科助手は治療用のセメントを練る時と同じように、印象材を練る必要があります。 歯型をとる作業が終わったら、印象の中に石膏を流しこむ作業があります。 こうして、治療する歯型の模型が完成します。 歯科助手が作った歯型の模型をもとにして、歯科技工士は金歯をはじめとするかぶせものを作ることになっています。 そのため、治療がうまくいくかは、歯科助手の仕事にかかっているといっても過言ではありません。 歯型をとる作業は非常に責任のある、重要な仕事なのです。 歯科助手が歯型をとる仕事を失敗してしまうと、印象をとるところからやり直しになってしまいます。 患者さんの負担にもなってしまうので、注意が必要です。

治療用のセメントを練る

インディアン伝承シャンプー うれすじ 美顔器 スカルプD 購入 ほうれい線 美顔器 リフトアップ 美顔器 除毛クリーム 長持ち 男性 プロピア プログノ 126EXシャンプー 茶のしずく 販売店 美顔器 ホームエステ 目じり シワ 美顔器

歯科助手の仕事の中には、治療用のセメントを練るというものがあります。 治療用のセメントを使う代表的な例は、虫歯を削った時に土台とかぶせものをつなぐ接着剤です。 かぶせものは、あらかじめ患者さんの歯に合わせて、型をとっているはずです。 歯とかぶせものを完全につなぐ治療は、専門用語で合着といいます。 合着で使う治療用のセメントは、レジンセメントとグラスアイオノマーセメントの2種類があります。 また、歯とかぶせものを一時的につなぐ治療は、専門用語で仮着といいます。 治療用のセメントとしては、他にも歯髄保護用があります。 これは、歯の神経が炎症を起こすことがないように保護するためのものです。 さらに、神経が入っている根管のために、根管充填用の治療用のセメントもあります。 治療用のセメントをどれくらいの固さにするのかは、セメントの種類や治療内容によっても異なります。 またやっかになことに、歯科医師がどれくらいの固さを好むのか、といった問題もあるのです。 こうしたことから、歯科助手の仕事として治療用のセメントを練ることは、かなりハイレベルなことだといえるでしょう。 うまく治療用のセメントを練ることができるようになるまでには、かなり時間がかかると言われています。